今日、タイ王室の“農耕祭の儀式”が、あります。

タイ王室“農耕祭儀式”です。鍬を引く牛、農作物を両天秤にした美女達が、模擬の畑を何回も廻っていました。
タイ王室“農耕祭儀式”です。鍬を引く牛、農作物を両天秤にした美女達が、模擬の畑を何回も廻っていました。

〈タイ情報〉

 

ウドンタニーでは、一週間ほど前から、毎日のように雨が降るようになってきました。例年に比べると、ちょっと早い気もしますが、もしかしたら‥もう‘雨季入り’したのかも知れません。

でも、今年の暑季は連日の猛暑でしたんで、この雨降りには、ホット

しています。

朝晩は涼しく、大分、過ごし易くなりました。

 

今日の朝、TVを見ていたら、タイ王室主催?の‘農耕祭儀式’の中継をやっていました。

この儀式は、毎年、この時期に催されているようです。

民間で行われる‘雨乞いのロケット祭り’と同じ趣旨の儀式なんでしょうかね?

聖水を撒く人を先頭に、牛2頭に鍬を引かせる人々、その後に、

農作物を両天秤にした美女達が、模擬の畑を何回も廻っていました。

この儀式を見て、やっぱり‘タイは農業国’という思いを、改めて感じた次第です。

ここ一週間の纏まった雨降りで、少しでも、今年のタイの農業が良い方向に行けば良いですね。

農作物の入った籠を両天秤に担いだ美女たちです。何回も模擬の畑を廻っていました。
農作物の入った籠を両天秤に担いだ美女たちです。何回も模擬の畑を廻っていました。