今日、長期滞在ビザ(リタイアメントビザ)の延長更新に行ってきました。

ウドンタニー街中にある“ウドンタニーイミグレーション”です。
ウドンタニー街中にある“ウドンタニーイミグレーション”です。

〈ビザ情報〉

 

今日(4月29日)、私の持ってる‘リタイアメントビザ’の延長・更新と

併せて、‘90日レポート’の提出の為に、“ウドンタニーイミグレーション”に行って来ました。

実は、今回のビザ延長・更新には、少し不安がありました。

それは、‘リタイアメントビザ’取得条件(年間80万バーツ以上の年金所得。又は、タイ銀行に80万バーツ以上の預金。)に年金総額も銀行預金も足りないからです。

私は、毎年、‘80万バーツ以上の年金所得’で、ビザ更新をしてきました。

ところが、昨年末からの急激な円安・バーツ高で、年金総額が、

大幅ダウン。取得条件・80万バーツに満たなくなってしまったんです。

もし、‘リタイアメントビザ’を取れなくても、条件の緩い‘家族ビザ’

(銀行預金、40万バーツ以上)があるから‥と思っていました。

 

不安を抱きながら、イミグレーションに行ったところ、結果、「案ずるより 生むが易し」のことわざ通りでした。

何と‘年金所得総額’と‘タイ銀行預金額’との合算で、リタイアメントビザが発給されたんです。(これは、私が、毎年‘リタイアメントビザ’を取得してきた実績〈4回)も評価されたのかな?とも思います。)

いや~ホッとしました。

 

今回、私が‘リタイアメントビザ’取得の為に、‘イミグレーション’に提出した書類は、次の通りです。

・ビザ申請書

・パスポート

・年金受給総額証明書(日本領事館発給)

・年金証書 (日本年金機構発行)

・タイ銀行、預金証明書(ビザ申請日、1日前の日付のもの←要注意)

・タイ銀行定期預金通帳

・妻と息子のタビアンバーン

・妻のIDカード

・自宅の地図

・ビザ発給手数料・1900バーツ

以上です。

 

ビザ申請は、本当に疲れます。

一番疲れる原因は、毎年、毎年、イミグレーション(担当官)のビザ発給条件が、コロコロ変わるからです。

私は、10年以上、タイ長期滞在ビザを取得し続けていますが、

今まで、一回も、2年と同じ書類を提出した事がありません。

必ず、他の書類を要求されたり、新たな書類の提出を求められたりします。  

コメントをお書きください

コメント: 11
  • #1

    イサーン在住日本人 (月曜日, 29 4月 2013 08:37)

    そうでしたか。
    最近ブログの更新がなかったので、
    どうしたのかなと思っていました。
    ビザの延長更新、ご苦労様でした。
    24日のブログのコメントで申し訳ないのですが、
    私も最近はランニングと体操をするようになりました。
    長くタイに住むとなれば、健康管理が一番大切です。

  • #2

    NAO (月曜日, 29 4月 2013 20:48)

    イサーン在住日本人さん。いつも、ブログコメント投稿ありがとうございます。
    ブログネタが見つからず、中4日も、ブログ更新ができませんでした。

    〉最近、ランニングと体操をするようになった。

    良いことです。一年中暑い、風土病の多いタイでは、健康管理が大切ですよね。
    でも、今年のタイは、猛暑の日々が続いていますので、ランニングなどをやり過ぎないように‥。
    脱水症状や熱射病になってしまいます。

    私は、その為、一ヶ月ほど運動を止めています。この暑さ
    では、運動なんかする気になれません。

  • #3

    JOSAN (月曜日, 29 4月 2013 23:00)

    NAOさんも早く家族ビザ(結婚)ビザに切り替えたら良いと
    思います、銀行預金も40万バーツで済むので、お徳ですよ。
    タイ国内で取るビザは面倒で大変ですね、日本で取る結婚ビザは書類も少しで簡単で、銀行に預けるお金も無くてOKです。

  • #4

    NAO (火曜日, 30 4月 2013 04:22)

    JOSANさん。度々のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    ビザに対するご忠告、ありがとうございます。
    私、以前(5年前まで)は、‘家族ビザ’を取得していました。この‘家族ビザ’は、現在、取得条件が厳しくなり、たくさんの書類提出(従来の書類に加えて、家族全員が写ってる写真数枚、家の地図など)が義務ずけられ、又、タイ人の保証人(奥さんではダメ)が必要など、もの凄く面倒なのです。
    しかも、ビザが下りるのは、申請の一ヵ月後です。

    その点、‘リタイアメントビザ’は、80万バーツの年金受給、銀行預金さえクリアしておけば、従来どおりの書類でOK。申請日に、即、1年ビザが取得できます。
    こっちの方が、楽です。

  • #5

    luk0904 (火曜日, 30 4月 2013 04:41)

    NAO様 こんにちは。ビザの更新は本当に疲れますね。パトムタニーもコロコロ変わり、もうなんでアホな国だといつも内心怒っています。私は9月ですからまだ先ですから、また変わるかもしれませんね。それと1年ビザがあるのに90日の更新がどうして必要なのか?違反者からの罰金が欲しいのでしょうか?それにその90日をメーサイ(チェンライ県)でしたら、これまたパスポートのコピーなどが必要とか言うし、パトムでは必要ないのに、どうして?と尋ねたら、上が決めているからと。きっと上司はコピー屋を経営しているんでしょうと、日本語で嫌味をいいまた。ほんと法律が韓国の司法みたいで、自分勝手なんだから。話が横道にそれますが、対馬の仏像を返して欲しいです。関係ないコメントですみません。

  • #6

    NAO (火曜日, 30 4月 2013 06:44)

    luk0904さん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    ビザの更新。パトムタニーイミグレーションでも、いい加減さは同じですか。
    ‘90日のビザ’は、間違いです。あれはビザではなく、
    各イミグレーションが、1年ビザを取得している外国人の住所確認をする為の通称‘90日レポート’に過ぎないんです。‘90日毎の住所確認’、殆ど、意味が無いと思いますが‥。やっぱし、提出違反者の‘罰金’が目的なんじゃないでしょうか。
    タイのビザ発給システムは、外国人には、理解しがたいシステム(いい加減で)。
    まあ、発展途上国だから、しょうがないかな。

  • #7

    竹沢 (木曜日, 02 5月 2013 20:13)

    当方は数年前からパタヤ在住ですが・・・・

    パタヤのイミグレーションでのリタイアメントビザの取得・更新は非常に簡単です。

    ナオさんのブログに書いてあるような「ビザ申請は疲れます」なんて、パタヤには全くありません。

    80万バーツの銀行預金があれば、オチャノコサイサイです。

    ビザ申請当日の8:30に銀行へ行き、預金残高証明書を100Bで発行してもらい(10分で発行してくれます)、その足でイミグレーションへ行きます。

    イミグレーションの前に、ビザ申請書の代書屋があるので、そこで、申請書の代書、写真撮影、必要書類のコピーを頼むと(費用は全部で200B)、10分でビザ申請書類一式が完璧にセットされてきます。

    イミグレに入り、順番が来たら、係官に先ほどの書類一式を提出し、1900Bを支払えば、終わりです。
    この間、会話は全くありません。機械的に処理されるだけです。

    あまりにも簡単過ぎて、心配になるくらいです。

    所変われば違うものですね!

  • #8

    NAO (木曜日, 02 5月 2013 20:56)

    竹沢さん。初めてのブログコメント投稿、ありがとうございます。
    〉パタヤでは、ビザ申請取得が、簡単。
    良いですね。羨ましいです。
    おそらく、パタヤには外国人(日本人含め)が多く住んでいるので、イミグレーション側も、ビザ発給に関して、いちいち文句・注文を言っていられないからだと思います。
    ですから、代書屋の作った申請書類一式がありさえすれば、全く機械的にビザが発給されるんだと思います。

    ウドンは、パタヤに比べれば、外国人の数は、非常に少ないです。
    ビザの代書屋もありませんし、イミグレーションのビザ申請書類の審査も入念にやります。
    申請者によっては、1・2時間掛かることもあるんです。

  • #9

    黒虎猫 (金曜日, 05 12月 2014 15:57)

    ウドンタニ入管では毎年、引退ビザ更新用の必要書類が変わるのですか?私が住むチェンマイでは、そうしたことはありません。更新時の提出物は、旅券とその複写(個人情報と過去の査証、出入国印があるページ)、
    取引銀行からの残高証明書(タイ語)、当該口座とその残高記録(過去1年分)の複写などだけで済みます。
    当方は単身者で、タイ人との婚姻、内縁関係はありません。
    初回は、観光ビザからの資格変更という形で取得。
    その際も、当該金額のタイへの送金証明などは不要でした。

  • #10

    黒虎猫 (金曜日, 05 12月 2014 16:11)

    #9ですが、追加。
    ほかには、申請者の証明写真が必要になります。

  • #11

    NAO (日曜日, 07 12月 2014 09:56)

    黒虎猫さん。初めてのコメント投稿、ありがとうございます。
    チェンマイのイミグレーションでの、リタイアメントビザ更新が、他県のイミグレより、比較的簡単みたいですね。
    でも、各県のイミグレのビザ発給ルールは、きちんと決まったルールはなく、何処もマチマチです。又、イミグレ担当官の個人裁量で、ビザ発給が決まるようなことも多々あります。
    ですから、同じビザでも毎年提出する書類が、違ってくるんです。
    黒虎猫さんは、多分に運が良かったのでは?とおもいます。