ウドン街中の“ソンクラン(水掛祭り)”見物に行ってきました。

“ソンクラン”。UDタウンの夜の野外ディスコ。3本のホースから撒かれる大量の水の下、踊りまくる若者たちです。
“ソンクラン”。UDタウンの夜の野外ディスコ。3本のホースから撒かれる大量の水の下、踊りまくる若者たちです。

〈ウドンタニー街情報〉

 

今年のウドンの“ソンクラン”は、「ドンナンカナ~?」と、連日、街中に繰り出したんです。

まず行ったのは、トンシームアン広場でやっていた“ソンクランイベント”。行く途中の道路という道路、クルマが大変少なく、しかも、水掛けしている人々もマバラ。“ソンクラン”当日とは思えない様子。

トンシームアン広場も閑散としていて、イベント見物客だけが、約100人ほどしかいないんですよ。サビシーイ!

 

次の日は、“セントラルプラザ”へ。Sさん家族と共に‘中華料理’を食べに行きました。“ソンクラン”に関係ないけど、ここで食べた‘北京ダック’、バカ旨でした。

帰りに、“セントラルプラザ”正面広場を見ると、ホースから水を大噴射。ステージ前では、若い男女達が、ズブヌレになりながら踊りまくっていました。

又、ウドンタニー駅正面通り沿い、UDタウン沿いには、通るピックアップ車上の人々と‘水掛合戦’をする人々が、手に手にバケツ、水鉄砲、ホースなどを持ち、切れ目なくタムロしてました。

激しい水の掛け合い。白い液体の塗り合い。皆さんズブヌレ姿。

“ソンクラン”らしい光景でした。

 

3日目(昨日)は、夕方から、“UDタウン”へ。

やっぱり、ここでも“ソンクラン”雰囲気が、充満してました。

道路上の人達と、ピックアップ車上の‘水掛合戦’。皆さん、笑顔で水掛けに専念、中には踊る人もいたりして、心から“ソンクラン”を楽しんでいるんですね。

“UDタウン・プラザ”は、夜になるにつれ、“ソンクラン”見物客が大量に押しかけ、‘フードコート’附近は、人・人・人‥で歩くのに

も大変。

又、“UDタウン”内の道路上では2箇所、野外ディスコも始められ、‘ソンクラン気分’は、最高潮に達しました。

この野外ディスコ、大音響と共に、ステージ上の3本のホースから、大量の水が撒かれ、その下で、若者たちが踊りまくるという

スゴイ迫力でした。

タイ人の“ソンクラン”に掛ける享楽的な情熱、エネルギーには、並々ならぬものがあるんですね。日本人は、圧倒されちゃいます。

でも、この情熱・エネルギー。一体、何処から来るんですかね?

 

“ソンクラン”見物から帰って、TVニュースを見ていたら、‘ソンクラン期間(4日間)’の交通事故死亡者は、合計214名とのこと。

やっぱり、タイの人々は、学習しない、命知らずの人が、多すぎるという感じを強く持ちました。ナンダカナ~!?

(ウドン“ソンクラン”の写真は、‘続きを読む’をクリックしてみてくださいね。お願いします。)

 

UDタウン内、泡状の液体が撒かれるところで、戯れる子供達です。
UDタウン内、泡状の液体が撒かれるところで、戯れる子供達です。
“UDタウン”沿いの道路では、ピックアップ車上の人々と路上の人々との、激しい‘水がけ合戦’が繰り広げられていました。
“UDタウン”沿いの道路では、ピックアップ車上の人々と路上の人々との、激しい‘水がけ合戦’が繰り広げられていました。
上の写真と同じ光景です。
上の写真と同じ光景です。
これも同じ、‘水掛け合戦’の一コマです。
これも同じ、‘水掛け合戦’の一コマです。
“UDタウン”内。ホースからの水撒きの下、踊りだす若者たちです。
“UDタウン”内。ホースからの水撒きの下、踊りだす若者たちです。
“UDタウン”内フードコートは、何処も満席。ものすごい見物客の多さです。
“UDタウン”内フードコートは、何処も満席。ものすごい見物客の多さです。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    KAZU (火曜日, 16 4月 2013 04:27)

    NAO サン
    ミズカケ マツリ ミナ タノシソウデスネ
    コチラ NAM SOM デモ
    ジツカ ノ シンセキ ノ コドモタチガ
    トオル バイク ヤ クルマ ニ ミズ カケ
    タノシソウデシタ
    CENTRAL デ チユウカリヨウリ タベタ
    ソウデスガ ナンカイ ノ ナント イウ ナマエ ノ オミセ デスカ? ヨカツタラ オシエテクダサイ
    UDON ノ チユウカリヨウリ テン ワ ハジメテ デス

  • #2

    NAO (火曜日, 16 4月 2013 05:39)

    KAZUさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    ウドン街中の“ソンクラン”は、思っていたより、ハデハデで、かなり盛り上がっていました。面白かってです。
    食べに行った中華料理店は、“センタラホテル”2階の
    “六發”という名のお店です。
    ‘北京ダック’は、先日、横浜で食べたのより、数段、美味しかったです。
    でも、この店、もの凄く高いです。割引クーポンを使ったにも拘わらず、6人で4000バーツも請求されました。
    気楽に行ける店じゃありませんね。

  • #3

    つるかめ (水曜日, 17 4月 2013 01:09)

    ソンクラン懐かしいです~!

    一時期ソンクランを見るためだけに訪タイしてたこともあるお祭り好きです。

    かなり前ですがウドンタニーのソンクランも見ましたよ。

    消防署員が道路の真ん中で消火栓からホースを引いて放水してましたね。

    あんなこと日本では絶対できませんね。

    あのバカ騒ぎぶりも日本では到底味わえませんからね。

    初めてソンクランを見たときは「タイ人はなんでバカ騒ぎをするのか?」と驚いたものです。

    これはりストレス発散になりますよね。

    日本では”ハメを外す”ということができませんから。

    日本という窮屈な国にいると、年に一度でいいからソンクランのように、わーっと発散できる日があればと思います。

    なにしろ雨の日に傘から滴がかかっただけで怒鳴りあいになるほどですから。
    なんで日本人はこんなにイライラしてるんだろう、と思ってしまいます。

    タイ人のマイペンライ精神を日本に輸入したいものですね。

  • #4

    NAO (水曜日, 17 4月 2013 01:28)

    つるかめさん。又のブログコメント、ありがとうございます。
    ソンクラン時のタイ人達のバカ騒ぎ。日頃、溜まったウップン(ストレス?)を晴らす為の事だと思いますが‥。
    年々、過激さがエスカレートしてきているようです。
    警察当局は、今年から、酒販売の規制をしたり、‘水掛け合戦’出来る場所(道路)を予め指定したりもしました。
    果たして、どのくらいの効果があったのでしょう?
    ソンクラン期間、交通事故死亡者は、今年も200人以上。
    コレを見ると、規制も‘焼け石に水’だったんではないでしょうか。

  • #5

    JOSAN (水曜日, 17 4月 2013 07:22)

    NAOさん今日は、我が家は毎年ソンクランの時期は、村に帰り静かに過して居ます。
    ウドンに移住する前は、パタヤに住んでいたので煩いソンクランは、十分経験しているのでもう飽き飽きして居ます。
    タイ人達は毎年死人が何百人と出て居るのに、懲りない人達ですね!。

  • #6

    NAO (水曜日, 17 4月 2013)

    JOSANさん。毎度毎度のブログコメント、ありがとうございます。
    私も、ソンクランのバカ騒ぎには、少々、飽きてきています。タイに長いのと、歳のせいですかね。

    昨日のニュースで、今年のソンクラン期間での交通事故死者が、合計284人に上ったそうです。
    タイ人の中には、本当に懲りない人達が多すぎますね。

  • #7

    HIDE (水曜日, 17 4月 2013 22:27)

    今年のソンクラン、昼間はどこにも行かず家にこもって居ました。

    「バカ騒ぎ」には、付き合えません。

    早朝の公園での「太極拳体操」には、参加しましたよ。「バカ騒ぎ」の人々は、まだ起き出していませんしね。

  • #8

    NAO (木曜日, 18 4月 2013 04:24)

    HIDEさん。いつもブログコメント、ありがとうございます。
    “ソンクラン”のタイ人達のバカ騒ぎ。私、例年の“ソンクランは、カミさんの故郷に行ってました。ノーンブアランプーのそれは、おとなしいものです。
    ウドンでの“ソンクラン”は、久しぶりでした。
    ですから、すごく新鮮に見えた訳です。
    一年に一度のああいうバカ騒ぎ。良いんではないですか?
    でも、バカ騒ぎに巻き込まれて死んでしまうのは、それこそバカみたいです。