タイで生活していく上で、最近、かなり安心したことがあります。

〈ウドンタニーでの日常生活〉

 

タイで長く暮らしていると、事故などで危険な目にあったり、ケガをしたり、病気になったりする確率が、日本にいるより、相当高いと思います。

特に、私のような中高年者は、長期入院治療を要するような重い病気(癌、脳卒中、糖尿病など)を患う確率が非常に高いです。

私は、タイで暮らして13年余りですが、いつも上記のことが、いつも気になっていたんです。

タイでのケガ・病気の入院・治療費は、健康保険のない外国人にとっては、非常に高く、苦痛です。(タイ人は、健康保険もあるし、1日・30バーツ診療もあります。)

「長期入院治療の病気になったら‥」というのが、唯一、最大の不安でした。

最近まで、それらの中高年の‘ケガや病気での入院’に対応する、所謂、‘医療保険’は、ありませんでした(皆無ではないんですが‥)。

ところが、同じウドンに住む友人の一人(Iさん)から、「AIAの傷害付き医療保険に入った」との話を聞き、早速、知り合いのAIA保険会社の人に確かめました。話は、本当でした。

この傷害付き医療保険は、50歳以上の外国人でも入れる‘総合医療保険’と言って良いでしょう。(保険加入OKは70歳までです。)

ケガや病気による入院・治療保障額は、入院1日当たり5000バーツ以上。(但し、高額な手術、薬代は保障額との差額支払いです。)

保険料は、年間約35,000バーツ~50,000バーツ(月払いもあり、保障内容により高低があります)です。

その他、保障期間は80歳までで、その間に死亡した場合は、20万バーツの保険金が下りるそうです。

このAIAの保険は、最近、TVCMでもよく見ます。有名なオジサンタレントが出てるCMです。

 

私は、この保険に入って、100%安心とは言えませんが、少なくとも60%くらいは、今までの不安が解消されました。

でも、‘病気にならない、ケガをしない’のが一番ですがね。

こればっかりは、すごく難しいし、わかりませんよね。 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    JOSAN (金曜日, 15 3月 2013 22:13)

    医療保険は元気な方は入れますが、私の様な病気のデパートの様な人間は、審査で落ちて仕舞い入れません。(涙)
    NAOさんは保険に、加入できてラッキーでしたね。(祝)

  • #2

    NAO (金曜日, 15 3月 2013 23:30)

    JOSANさん。いつもブログコメント、ありがとうございます。
    お蔭様で、タイの‘医療保険’に入る事ができました。
    タイで生活して行く上で、一番の不安が、半分くらい
    解消されたので、嬉しく思っています。