昨夜は、またまた、タンブンパーティーに行きました。

この日に呼ばれた歌手・ダンサーによる‘モラーム’のショーです。
この日に呼ばれた歌手・ダンサーによる‘モラーム’のショーです。

〈ウドンタニーでの日常生活〉

 

昨晩(2月23日)は、先々週に続いて、タンブンパーティーに呼ばれ、我が家族3人で行って来ました。

この日のタンブンは、私のマージャン仲間の一人、Nさんの奥さんの亡くなられたお父さんを供養(5回忌?)する為のタンブンです。

Nさん夫妻の、このタンブンに対する思い込みは、たいへんで、歌手・ダンサーを呼び‘モラーム ショー’を開くほどの力の淹れようです。

夕方6時くらいから、お坊さんの読経が始まり、タンブン儀式が終わったのは、7時くらい。

その後は、飲み食いパーティー。食べ物の質・量共申し分なく、ご馳走でしたよ。美味しかったです。

又、併せて‘モラーム ショー’も始まりました。‘モラーム ショー’自体は小規模ですが、歌手・ダンサーとも上手く、とても華やかなショーでした。すごく楽しめました。

このパーティーに参加したのは、推定200名以上。

参加者が多く、賑やかで楽しい、とても良い‘タンブン’だったと思います。

‘モラーム’ステージの前で、踊りまくるタンブン参加者たち。皆さん、イサーンスタイルのダンスが、とても上手いです。(イサーン人だから当たり前)
‘モラーム’ステージの前で、踊りまくるタンブン参加者たち。皆さん、イサーンスタイルのダンスが、とても上手いです。(イサーン人だから当たり前)
テーブル席でも踊るタンブン参加者たち。
テーブル席でも踊るタンブン参加者たち。
飲み食いをしながら、‘モラーム’を見入る人々です。
飲み食いをしながら、‘モラーム’を見入る人々です。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    JOSAN (月曜日, 25 2月 2013 03:28)

    NAOさん此方の亡くなられた方は、中国系のタイ人では有りませんか、中国系の方達は、遺体を5年後に掘り起こし、火葬して盛大に祝う習慣が有ります。
    輪廻転生を信じているタイ人はお墓も作りませんし、日本の様に法要もしません。

  • #2

    NAO (月曜日, 25 2月 2013 06:16)

    JOSANさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    さあ、亡くなられたお父さんが、中国系タイ人だったのかは、判りません。
    唯、家の門の横に、お父さんの遺影と遺骨の壷?が花などともに飾られてはいました。
    遺体を掘り起こして、火葬されたこん跡は、ありませんでした。

  • #3

    JOSAN (月曜日, 25 2月 2013 20:11)

    遺体を掘り起こして、火葬するのはお寺で遣ります。
    普通のタイ人は法要は遣りません、私もタイに13年居ますが
    嫁の家族や親戚の法要は見た事が有りません。
    タイは輪廻転生を信じて居るので、故人は生まれ変り新しい人生を歩んで居るので、法要はしないのです。
    NAOさんは、奥さんの身内の法要経験が有りますか?。

  • #4

    NAO (月曜日, 25 2月 2013 20:23)

    JOSANさん。再度のブログコメント、ありがとうございます。
    カミさんの両親、叔母さんの法要(タンブン)をしたことがあります。
    でも、カミさん一族が、‘中国系’なんて聞いたことは、
    全然、ありません。

  • #5

    JOSAN (月曜日, 25 2月 2013 21:15)

    NAOさんのご家族ご親戚は、信心深い人達ですね、普通のタイ人は、お墓を持たないので殆どの人達は故人の遺骨は、お寺の塀の所にビンに入れて置いて居ます。
    決められた法要が無いのは、日本人に取っては何か淋しいですし、お墓が無いのでお墓参りも出来ないのは、私は嫌ですね。

  • #6

    NAO (火曜日, 26 2月 2013 06:11)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    ウチのカミさんの亡くなった両親と叔母さんの墓は、カミさんの実家のあった、ノーンブアランプーのバンラッドの寺(境内)にあります。
    毎年、ソンクラン時には、いつも、墓参りをしています。

  • #7

    知ったかジジイ (火曜日, 26 2月 2013 20:46)

    基本的に中華系タイ人は火葬はしないはず。 その証拠に中華寺院には火葬場がありません。 第一、5年も土葬状態ならすでに白骨化しているでしょうからわざわざ掘り起こして火葬する必要は無いでしょう。

    一般タイ人の遺骨はお寺の境内の一角に埋められますが、名前や没年等の書かれたプレートが張ってあって、命日や、帰郷した際にはちゃんとお墓参りしますよね。 法要も奇数年?には盛大にやるようです。 余裕の無い家庭ではやれないかもしれません。

  • #8

    NAO (水曜日, 27 2月 2013 03:24)

    知ったかジジイさん。ようこそ。
    初めてのブログコメント、ありがとうございます。

    そういえば、中華寺院には、火葬場がないですね。
    と言う事は、中華系タイ人は、土葬なんですね。

    知ったかジジイさんの仰る通り、一般タイ人は、お寺のなかに尖塔のようなお墓を立て、その中に遺骨を納めたりしますね。又、お寺の塀の中に埋め込んだようなお墓(墓に写真や名前などが書かれたプレート)もよく見ます。

    タイ人のお墓に関する情報、ありがとうございます。