‘UDタウン’に開店した居酒屋“箱タウン”に、行って来ました。

UDタウン内に、新しくオープンした高級居酒屋“箱タウン’です。
UDタウン内に、新しくオープンした高級居酒屋“箱タウン’です。

〈ウドンタニー街情報〉

 

2月9日、‘中国正月祝賀イベント’見物の後、“UDタウン”に新しくオープンした居酒屋“箱タウン”に、実際に飲みに行ったんです。Kさんと一緒です。

ここ“箱タウン”の飲食料金の支払いは、タイによくある‘フードコート’のシステムと同じで、クーポンカードでの支払いです。

カードクーポンを買い、早速、各ブースに飲み物、酒肴を注文。

私は、‘巨峰酎ハイ’(95バーツ)、‘鮪・ホッキ貝の握り寿司’各1貫(2貫で60バーツ)、‘椎茸焼き・黒豚つくね焼き’(計3本・95バーツ)を頼みました。

Kさんは、‘ASAHIビール’2杯(グラス一杯・70バーツ)、‘鮪寿司・3貫、鮭寿司1貫’(4貫で120バーツ)、‘トンカツ’(60バーツ)です。それぞれの味は、皆、真ともで美味しいです。

飲み食いし終わって、思ったんですが、此処は、ビール、日本酒

、酎ハイなどの酒類が高すぎです。(何故か、ウイスキーは置いてありません)

酎ハイは、どれも95バーツ。

私は、思わず、「エー!高いね~!」とその場で言ってしまいました。

又、前回、チェックしに行った時には、いわゆる焼き鳥、寿司などの酒肴類が、1つ1つ頼めるので、便利だと思ったのですが‥。実際、注文してみると、5・6品頼んだだけで計200バーツ。意外と高くつきます。

この価格に酒代(人によって違いますが、約200バーツ?)が加わりますので、貧乏人の自分にとっては、ちょっと考えてしまいますね。

ウドンに住んでるタイ人には、この‘居酒屋スタイル’、‘酒を始めとするメニューの高価格’、受けいれられますかね~?

はなはだ、疑問です。

 

結論。居酒屋“箱タウン”は、ウドンタニーには馴染みにくい高級居酒屋です。気楽に‘酒’を飲みに行ける店では、ありません。

“箱タウン”メニュー価格。その1
“箱タウン”メニュー価格。その1
メニュー価格。その2
メニュー価格。その2
メニュー価格。その3
メニュー価格。その3

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    メンカーム (日曜日, 10 2月 2013)

    日本円に換算すれば高くありませんが、
    タイの物価に換算すれば、
    大食い、大酒飲みの私が気楽に行ける店ではありません。
    自宅居酒屋が一番かと。
    それでもマクロへ和牛やハマチはありませんから魅力ですね。

  • #2

    シン (月曜日, 11 2月 2013 01:14)

    自分は全くの下戸ですのでお酒の値段はわかりません。
    でも寿司四貫で120バーツは高いですね。
    日本の焼き鳥を食べたくなる時がたまにありますが
    それでもこちらには足が向かないと思います。

    こういう情報はほとんど出歩かない自分には面白いし
    家内との会話のネタになるので有難いです。

  • #3

    NAO (月曜日, 11 2月 2013 01:54)

    メンカームさん。毎度のブログコメント、ありがとうございます。
    この“箱タウン”は、店内の看板やメニューの値札には、全て、日本文字(語)が使われているので、オーナーは、おそらく、日本人だと思われます。
    日本人が少ない、タイの田舎・ウドンで、この高価格。
    タイ人に受け入れられると思ってんでしょうか。
    このオーナーの経営感覚を疑います。

  • #4

    NAO (月曜日, 11 2月 2013 02:11)

    シンさん。またまたのブログコメント、ありがとうございます。
    私は、‘お酒’は、嗜む程度で、余り強くはありません。
    唯、日本にいた頃は、居酒屋で酒を飲む雰囲気が好きだったんです。
    ウドンには、今まで、和風居酒屋は無かったんで、この“箱タウン”が、とても新鮮に思えました。

    でも、この高いメニュー価格。
    居酒屋ではありませんが、“NEW一番”の方が、数段上だと思います。

  • #5

    JOSAN (月曜日, 11 2月 2013 07:40)

    NAOさんさつそくのレポート有難う御座います。
    でもこのお店高いですね~、お寿司は富士のセットで食べた方が安い位ですね。
    まあこのお店も、多分時間の問題でしょう、日本と同等の値段設定では、タイでは無理ですね。

  • #6

    NAO (月曜日, 11 2月 2013 18:53)

    JOSANさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    “箱タウン”に対する、JOSANさんの見解。私も同感です。
    無理ですが、全てのメニュー価格を、今の4割安ぐらいにしなければ、その内、潰れるでしょう。
    日本人オーナー?の道楽としか思えない、店システム、営業内容です。

  • #7

    LEK (火曜日, 12 2月 2013 05:41)

    箱タウンは衛生上の事も考えての事でしょうが食券カードを自動販売機で買い、料理使い捨ての皿に盛り付けなのもとても残念なのです。

  • #8

    NAO (火曜日, 12 2月 2013 06:55)

    LEKさん。初めてのブログコメント、ありがとうございます。
    クーポンカードシステムは、単に、人件費削減と勘定の計算間違いを無くす為ではないでしょうか。

    そうですね。あの使い捨ての皿、器は、いただけませんね。料理が貧相に見えるし、不味そうにも見えまし‥。
    まさか、洗って何回も使うなんて考えはないでしょうね?