相変わらずのウドンタニーの発展振り。ちょっと疑問です。

客足もマバラ。平日、午後の“セントラルプラザ”館内です。
客足もマバラ。平日、午後の“セントラルプラザ”館内です。

〈ウドンタニー街情報〉

 

最近、ウドンタニーの街を散策してみて、ちょっと疑問に感じたことを書き記しますね。

相変わらず、ウドンタニーの街中では、至るところで、‘ムーバーン’の建築工事、土地の造成工事、新たなビル建設工事、家屋の建築工事現場を見る事ができます。

私は、それらの光景を見るに付け、「こーんなに作っちゃって、良いのかな~」と、いつも思います。

 

確かに、最近のタイは、ビックリするほどの好景気に沸いていて、

ここウドンタニーでもその発展ぶりは、スゴいです。

でも、ここ1・2年の内に出来た、“UDタウン”、“セントラルプラザ”、“IT PLAZA”、外環道路沿いの‘ショッピングモールなどは、オープン当時の面影は、全くありません。

どこのお店も、客足がマバラです。

特に、平日の午後は、館内がガラガラ、閑古鳥が鳴いています。

おそらく、どこの店も、赤字営業ではないでしょうか。

 

私、思うに、この種の‘ショッピングセンター’は、最早、ウドンタニーでは、供給過剰ではないでしょうか。

聞いた話ですが、空港近くに、“MALL”というショッピングモール”の建設計画もあるそうです。

又、国道2号線の街中中心部に、‘IT中心のショッピングセンター’も建設中です。(IT関係のお店は、超供給過剰ですので、もうこんなの要らないと思います。)

 

先ほど、新しい‘ムーバーン’(分譲住宅地)の建設も、盛んに行われていると書きましたが、この分譲住宅も供給過剰だと思います。

でも、この‘住宅’。おそらく、投資の対象になっているんでは‥。

買主自身が住む為ではなく、住宅の値上がりを待って、売り抜け儲けるという訳です。何か、凄まじい感じですね。

 

以上、好景気に沸くウドンタニー街中の状況をお伝えしましたが、

この‘バブル景気’。いつまで続くのでしょうか?

 

 

夜の“UDタウン”。フードコートと露店以外、殆ど客が入っていません。
夜の“UDタウン”。フードコートと露店以外、殆ど客が入っていません。
“IT PLAZA”です。此処も客足が、極端に少ないです。
“IT PLAZA”です。此処も客足が、極端に少ないです。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    しゅん (木曜日, 24 1月 2013 03:14)

    同感です。
    バンコクから少し外れたムーバーンに行った事が有ります。
    完売されているようですが、人が住んでいるとみられる家は半分程度です。
    コンドーにおいては、BTS、MRT沿い以外は、”SALE”の大きな看板が出るようになってきました。
    タイ人は投資目的で買っているに違いありません。
    怖いですね。

  • #2

    NAO (木曜日, 24 1月 2013 05:13)

    しゅんさん。毎度のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘ムーバーン’への投資。
    地方都市・ウドンタニーですら、凄まじいほどの投資熱ですから、バンコク周辺では、もっと凄いのでは‥。
    いずれ、きっと、貧乏くじを引く人(最後に買った人)が続出するんでは?と思います。ホント、怖いですよね。

  • #3

    JOSAN (木曜日, 24 1月 2013 09:12)

    今のウドンの状態は完全なバブルです、ウドンでは供給過剰でいずれ弾けると、思います。
    金持ちが固定資産税が無い事を良い事に、バカな投資をして居るのでしょう。
    タイの金持ちは、金持ち優遇税制が有るので、本当のお金の使い方を、知らないのでしょう。

  • #4

    NAO (木曜日, 24 1月 2013 19:21)

    JOSANさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    ‘完全なバブル’。JOSANさんの見解に、同感です。
    こんな異常な‘バブル経済社会’は、早く弾けて欲しいですね。
    タイの格差社会をますます広げるばかりで、一般のタイ人にとっては借金が増え、ますます貧乏になって行きます。