今日、12月5日は、タイ・プピポン国王のお誕生日です。

宮殿のベランダにて、タイ国民の祝辞に応えられる“プミポン国王陛下”です。
宮殿のベランダにて、タイ国民の祝辞に応えられる“プミポン国王陛下”です。

〈タイ情報〉

 

今日、12月5日は、タイ・プミポン国王陛下のお誕生日です。

プミポン国王は、今年で85歳になられます。

 

今日は午前中、バンコク、アナンタサマー宮殿の前にある“ラマ5世騎馬像”広場で、国王お誕生日の祝賀儀式がありました。

アナンタサマー宮殿前広場には、国王お誕生日を祝賀するタイ国民の大観衆(推定15万人=国王のクルマが通過する沿道の国民含め)が詰め掛けていました。

 

祝賀儀式は、王室の方々、タイ政府関係者、タイ国軍の高級将校など、それと、数万人のタイ国民が参列。

一般のタイ国民は、手に手に、国王旗と国旗をうち振り、「ソン

パッチャ ルン=国王陛下万歳!」と叫んでいました。

ワチロンコン皇太子、インラック首相、タイ国軍最高司令官らの祝辞の後、その祝辞に応えられる国王陛下の‘お言葉’がありました。

祝賀儀式最後には、参列者全員による“国王賛歌”の大合唱があり、これは、かなり感動的な場面でした。

それにしても、‘タイ国民の国王を崇拝・敬愛する心には、並々ならぬものがあると改めて思いました。

タイ・プミポン国王陛下には、一日も早く、ご健康を回復し、長生きをしていただきたいと思いますね。

アナンタサマー宮殿前広場を埋め尽くす、国王誕生日を祝賀するタイ国民の大観衆、数万人。
アナンタサマー宮殿前広場を埋め尽くす、国王誕生日を祝賀するタイ国民の大観衆、数万人。
祝辞を述べる、インラック首相です。
祝辞を述べる、インラック首相です。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    NITTAYO (水曜日, 05 12月 2012 00:55)

    naoさん

    お元気になられた国王様が式典に出られるまで回復されたのですね
    一時は車イスで移動されていたのに何よりです。
    我々は間もなく訪ウドンです、仕事が立て込んでいて出発予定が見えないので無理やり航空券を購入致して、自分に鞭打って3件の仕事を終わらせるつもりですが最悪2台のPC抱えての出発になりそうです。

  • #2

    NAO (水曜日, 05 12月 2012 01:44)

    NITTAYOさん。久々のブログコメント、ありがとうございます。
    タイ、プミポン国王陛下は、最近、又、体調を崩され、このお誕生日祝賀儀式に、ほぼ一ヶ月ぶりに公の場に、お顔をお見せになったのです。

    NITTAYOさんは、今月、来ウドンの予定だそうですが、私のウドンに於ける友人関係が、大分、変わってしまっていますので、驚かないでくださいね。

  • #3

    JOSAN (土曜日, 08 12月 2012 00:41)

    プミポン国王は王に成り、若い時から3000以上のプロジェクトを行い、タイ国民の生活向上に勤めて居るので、国民から尊敬され、敬愛されて居るのです。
    ですので私は国王が亡くなられてからの、タイの行く末が心配で成りません。

  • #4

    NAO (土曜日, 08 12月 2012 01:33)

    JOSANさん。いつも、ブログコメントをありがとうございます。
    JOSANさんのご意見に、共感します。
    国王に、万一のことがあった場合、タイは、新国王即位を巡って、大混乱になることは、必至です。
    又、立憲君主制から共和国制に‥と、国の体制そのものまで変えようと画策する人物がいたりして‥。
    私も、タイがどうなっていくのか、とても心配しています。