タイには、3大鍋物があります。

皆さんご存知の‘タイスキ’です。
皆さんご存知の‘タイスキ’です。

〈タイ情報〉

 

乾季に拘わらず、まだまだ暑い日々が続いていますが、例年、

この涼しい季節になると、美味しさが増す食べ物があります。

それは、暑いタイに似つかわしくない鍋物なんです。

タイの鍋物は、大きく分けて3つあります。

一つは、皆さんもご存知の‘タイスキ’です。後は、‘ムーガタ鍋’と

イサーン地方の‘チムチュム鍋’です。

 

タイスキは、お店で言えば、タイ全国にチェーン展開してる“MK

レストラン”と、バンコクにある“コカレストラン”が有名です。

タイスキと言っても、実際は、しゃぶしゃぶ風、又は、寄せ鍋風で、薄い出汁で煮た具を、甘辛すっぱいタレにつけて食べるのは

ご存知ですよね。

 

“ムーガタ”は、焼肉とタイスキをミックスしたような鍋物です。

中央の半球形の鍋(焼肉用=ジンギスカン鍋風)に、グルリとタイスキ用の鍋が一体になって付いています。

具は、タイスキと殆ど同じで、牛肉、豚肉、イカ、魚、エビ、貝類、練り物各種、春雨、白菜をはじめ各種野菜類などです。

牛肉、豚肉は、主に焼肉で。その他は、タイスキと同じようなタレにつけて食べます。

その他、デザートとしての、各種フルーツ、甘味類、アイスクリームなどもあり、子供達にも、たいへん人気があります。

 

“チムチュム”は、素焼きの壷のような鍋を使います。

殆ど、タイスキと具などは同じですが、タイスキと比べて、スープが

少し濃い感じです。

ですから、何も付けないでも食べられますが、私は、もの足りないので、醤油をちょっと垂らして食べています。

イサーン名物と言われてるせいか、ちょっと素朴な味がする鍋ですね。

タイスキのミニ版といって良いかも知れませんね。

 

以上、タイの3大鍋物についてお話しましたが、この鍋物のレストランは、食べ放題のところが結構多く、しかも値段も安い(1人、

150バーツ前後)ので、タイの人々の間では、とても人気があります。

私も、親戚連中が、大挙、遊びに来たときなど、“ムーガタ”レストランをよく利用します。

でも、何回も行ってるので、少々飽き気味ですけど‥。

これが‘ムーガタ’鍋です。判りにくい写真で申し訳ありません。
これが‘ムーガタ’鍋です。判りにくい写真で申し訳ありません。

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    JOSAN (日曜日, 25 11月 2012 03:24)

    タイスキはタイ風スキヤキの略ですが、本当はシャブシャブ料理なので~す。(笑)

    実はコカレストランの社長が日本に行きしゃぶしゃぶとスキヤキの名前を間違えて覚えて帰り、料理のネーミングをして仕舞ったそうです。(マジ)

    後で日本人に注意されても、名前を変えずに居ます、タイ人らしいいい加減な所が出ていますね。(笑)

    当初コカではタイ人は箸が上手く使えないので、針金で作った小さな籠に肉を入れてしゃぶしゃぶして居ました~。(マジ)

  • #2

    NAO (日曜日, 25 11月 2012 06:22)

    JOSANさん。いつもブログコメントとうこうありがとうございます。
    そうですか。コカの社長が、しゃぶしゃぶとすき焼きを間違えたんですね。
    タイ人って面白いですね。

  • #3

    知ったかジジイ (火曜日, 26 2月 2013 21:11)

    NAOさん、はじめまして。
    いつも楽しくためになるブログ、ありがとうございます。

    タイスキの名前の由来ですが・・・

    当時世界的に流行っていた坂本九の「上を向いて歩こう」の英語名「スキヤキ・ソング」から来ているというのが一般的です。

    コカの社長が間違えた!? 名誉毀損ものですね。

  • #4

    NAO (水曜日, 27 2月 2013 03:39)

    知ったかジジイさん。初めてのブログコメントありがとうございます。
    ‘タイスキ’に関する、情報。ありがとうございます。
    「名前の由来は、当時、流行っていた“上を向いて歩こう”の米名“スキヤキソング”からきた」とのこと。
    あ~納得です。
    コカの社長は、‘しゃぶしゃぶ’を‘スキヤキ’に間違えたのではなく、単に日本風と言うだけで、安易にネーミングしたのではないかと思います。

  • #5

    Chanelショルダーバッグ (水曜日, 06 5月 2015 14:19)

    クラスプにシンボリックなダブル Cをあしらったハンドバッグ「11.12」の顔には、2013/14年 パリーダラス メティエダール コレクションでもモデルを努めたクリステン・スチュワートを起用