今日(10月30日)は、オーグパンサー(出安居)の日です。

〈タイ人の習慣〉

 

今日(10月30日)は、オーグパンサー(出安居)の日です。

オーグパンサーとは、タイ仏教のお坊さん達の(7月31日のカオパンサーからの)3ヶ月間の修行が明ける仏教上の記念日のことです。

お坊さん達は、この3ヶ月間、断食などの厳しい修行を行って来たんですが、明日から、普段の‘お坊さん生活’に戻る訳です。

一般のタイ人の中には、この‘坊さん修行’に合わせ、3ヶ月間の断酒をしたり、牛肉?を食べなかったりする人もいるくらい、タイ仏教は、タイ人の生活に深く浸透しています。

 

今日のオーグパンサーの一週ぐらい前から、気の早いタイ人

(特に子供)は、習慣から、盛んに‘花火’を打ち上げるんです。

我が家の周りでも、頻繁に‘パンパン!パンパン!’と花火音が、

炸裂しています。

昨日、カミさんの親戚の女性が、急病で、我が家に近い病院に入院したんですが、送りに行ったカミさんの話では、その病院に、

「手のひらや顔に火傷を負った子供達が9人ほど治療にやって来ていた」そうです。

手に持った‘花火’が爆発でもしたんでしょう。危ないですね~!

タイ人は、このような子供、大人までも、いろいろな‘リスク’に対して無頓着な人が多いようですね。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    つるかめ (水曜日, 31 10月 2012 07:24)

    以前、旅行中に小学校の塀に”花火と指を無くした手”のポスターがあり、写真に撮ったことがあります。

    手はまだ地が滴っているようなリアルなものでした。

    ある方のブログで「タイでは子供たちが花火遊びで大怪我や大火傷をすることがある。」とあったので、あのポスターはその注意だったのかと合点したものです。

    日本では線香花火みたいなものでさえも規制してしまいますが、タイはかなり”おおらか”なんでしょうね。

    そういえば小学校の塀のポスターに「タバコ禁止、刃物禁止、麻薬禁止」もあったような。

    タイ人はぶっとんでますね。

  • #2

    NAO (水曜日, 31 10月 2012 20:22)

    つるかめさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    へ~!つるかめさんはタイに来た時、子供達向けの‘花火遊び注意’‘タバコ禁止’など、随分マニアックなものまで、チェックしてるんですね。
    私は、長年、ウドンに住んでるくせに、全然、そんなポスターを見たことがありません。

  • #3

    NITTAYO (木曜日, 01 11月 2012 01:27)

    NAOさん、

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    先週の土曜日に母親と麻布十番タイ焼き屋の女将さん
    連れて成田のワットパクナムへ行って参りました。

    お寺のトイレ掃除をさせて頂いたらご利益がありました
    帰宅後に早速お仕事の注文が来ておりました。
    これで年末の訪ウドン分の旅費が出来ました!
    (余裕があればチェンマイの温泉巡りも考えております)

    12月中旬にはお会い出来ると思います。

  • #4

    NAO (木曜日, 01 11月 2012 03:38)

    NITTAYOさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    麻布十番のタイ焼き屋“浪花屋”。メチャクチャ懐かしいですね。
    行ったことはありませんが、成田にあるタイのお寺、“ワットパクナム”も懐かしい名前です。
    そのお寺で、タンブンしたら、早速、仕事が来たなんて、
    すごいご利益ですね。こりゃ奇蹟です。

  • #5

    (土曜日, 03 11月 2012)

    私はタイ人には危険察知能力が、まるで無いのではと長年思って居ます。
    狭い側道から広い道路に出る時にも、ノンブレーキで飛び出して来るのは、いつもタイ人です、そして信号が赤でも平気で無視して、みんな我先に走り出して居ます。
    此れでは日本の15倍の交通事故が有るのも頷けます、学習能力が無い人達は、何においても長生きは出来ない者ですね。

  • #6

    NAO (土曜日, 03 11月 2012 22:27)

    jさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    私も同感です。タイ人には、危険察知能力が無いのと同時に、‘命知らずの人々(若者)’が、多すぎます。
    タイ人の平均寿命が短い(日本と比べると、男女とも約10歳短い)のも、こんなところが要因の一つになっているのではないでしょうか。