今日は、私がタイに住んでいて、いつも思ってる、真面目なお話です。

〈ウドンタニーでの日常生活〉

 

タイは、日本に比べると、たいへん危険な国です。

殺人事件は、日本の十数倍。麻薬事件は、年間30万件以上。

交通事故死者数は、年間1万人以上(日本の4・5倍)です。

犯罪天国(交通事故は除き)と言っても過言ではないと思います。

 

唯、日常生活上は、上記の犯罪などの危険に関わりを持たないよう心がけていれば、毎日、平穏に暮らしていけます。

私が、長年、タイに住んでいて、一番危険だと思うことは、胡散臭い日本人(詐欺師、詐欺紛いの行為をする輩)が、何処の都市にもたいへん多いということです。

ここウドンにも、少ないですが、います。

この輩達は、いつも日本人の身近に存在していて、堪えず、日本人から甘い汁(お金)を吸おうと、手ぐすねを引いているんです。

こういう輩とは、付き合わない、会わないようにすれば良いわけですが、ウドンに住んでる私の知人・友人達の中には、この胡散臭い輩と、平気で付き合ったり、好意を持ったりする人が、結構、います。

ここはタイです。日本じゃないんです。

上記の人達は、脇が甘すぎます。ヒトを見る目が全然ありません。その内、痛い目にあうことでしょう。

私は、正義感などは、余り持ってませんが、社会常識、一般常識

は、持ってるつもりです。

この手の胡散臭い輩は、絶対に許せません。

 

以上、ウドンに住んでる私のグチでした。

コメントをお書きください

コメント: 12
  • #1

    kamezako (日曜日, 28 10月 2012 23:13)

    ナオさん 見ざる 聞かざる 言わざる が良いのではないでしょうか
    正義心があやになる事有ります

  • #2

    NAO (月曜日, 29 10月 2012 01:28)

    Kamezakoさん。本ブログに対するコメント投稿、ありがとうございます。
    ご心配戴いて、ありがとうございます。
    でも、私の周りにいる知人・友人達から、胡散臭い輩の話題が、結構、耳に入ってきますので、黙ってはいられないんです。
    本ブログ記事程度ならば、大丈夫だと思います。(実名や
    本人と判るような記述は、いっさいしてませんから‥)

  • #3

    ハシビロコウ (月曜日, 29 10月 2012 04:51)

    ナオさんは、胡散臭い話しに取り込まれないと思っていますが、ご注意下さい。
    お人柄が良いのか、直ぐ人を信じて、騙される人が居るようですが、注意もしにくいし、なんであの時にいってくれなかった、と言われるのも嫌だし、難しいですね。

  • #4

    NAO (月曜日, 29 10月 2012 06:11)

    ハシビロコウさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    私は、タイに比較的長く住んでますので、経験上、胡散臭い輩、胡散臭い話を、たくさん知っています。
    直ぐ人を信じたり、騙される人が、少なからず、ここウドンにもいますので、警告の意味で、このブログ記事をしたためました。
    無知、無節操、無定見、無責任な人が、ここウドンには、多すぎます。

  • #5

    メンカーム (月曜日, 29 10月 2012 07:49)

    海外で日本人が一番気を付けなければならないのは
    日本人と聞いてます。
    方法は色々ですから、妙な話しを持ちかけてくる人には気をつけるべきですね。

  • #6

    NAO (月曜日, 29 10月 2012 19:47)

    メンカームさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    その通りです。海外で一番危ないのは、胡散臭い日本人です。
    その胡散臭い輩に、(実害ある無しに拘わらず)コロッと騙される日本人が、此処ウドンには、少なからずいます。
    無知、無見識なこういう人達も、困った存在です。

  • #7

    しゅん (月曜日, 29 10月 2012 23:43)

    私の友人は、飲食業に食材やお酒を卸す仕事をしています。
    殆どが、日本食関係やカラオケを含む飲み屋ですが、開店しては閉店が多いバンコクでは、夜逃げする日本人も多いようです。
    また、共同経営などといった体制でスタートする店は、ほぼ100%喧嘩別れするそうです。
    日本人の世界は難しいですね。

  • #8

    NAO (火曜日, 30 10月 2012 02:16)

    しゅんさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    結局、こういうことではないでしょうか。
    タイへ来るような日本人は、日系会社駐在社員、現地採用社員などを除いて、かなり性格的に偏った、無知、無節操無防備な人が多いのでは‥。
    ですから、計画性も無く、甘い考えばかりなので、騙されたり、損をさせられたりするんだと思います。

  • #9

    HIDE (水曜日, 31 10月 2012 21:31)

    >現地採用社員

    それが、「プータローくずれの人」も多いのですよ。

    かくいう私も、日本をドロップアウトして、タイで「でもしか日本語教師」をしていた「現地採用社員」です。

    詐欺師対策、妙案はありませんね。

    気づいた人が「警告」を発しておいて、後はそれぞれの「自己責任」ですよね。

    だまされた人には、「だから警告してあげたでしょう」と言うだけです。

  • #10

    NAO (木曜日, 01 11月 2012 03:53)

    HIDEさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    詐欺師対策は、難しいですが、タイに住んでる人、タイに
    遊びに来た人などに、地道に啓蒙していく方法しか、ありません。
    でも、何でタイに住んでるのか解らない、ノー天気な人。パソコンもやらず、外部からの情報にも、まるで関心の無い人が、ここウドンには、ちょっと多すぎます。

  • #11

    JOSAN (土曜日, 03 11月 2012 20:57)

    NAOさん、外国で暮らす事のリスク(危険性)を、日本人は強く感じて居ない人が多すぎます。
    外国で暮らして居ると、安全はお金を出して買う物だと、思い知らされます。
    そして甘い考えの人達は詐欺師に騙され、1~2年で日本にシッポを巻いて帰ります、私は其れで良いのだと思います。
    その人達は日本に居ても、誰かに騙される人達なのでしょう、自己責任の意味が解らない人達は、外国に住むのは危険ですから、まして外国で命を落としてからでは、遅過ぎますので。

  • #12

    NAO (土曜日, 03 11月 2012 22:40)

    JOSANさん。毎度のブログコメント、ありがとうございます。
    JOSANさんの今回のコメントに、全く、同感です。同意します。
    そういう人達が、ここウドンには、(私の周りには)多すぎるように思います。