タイは、超麻薬蔓延社会です。

〈タイでの事件〉

 

今日(9月14日)のタイニュースサイト“news clip.be”誌の記事を

読んで、驚きました。

記事内容は、次の通りです。

《タイ麻薬防止撲滅委員会は、12日、過去一年間に麻薬容疑者

36万1767人を逮捕し、覚せい剤の錠剤7646万錠、粉末1408,8キロ、ヘロイン254,1キロを押収したと発表した。

差し押さえた容疑者の資産は、16,6億バーツ相当。》

 

ドッヒャー!麻薬容疑者逮捕者数、何と36万人強!

と言うことは、タイの全人口は、約6700万人ですから、約200人

に一人が、麻薬容疑で逮捕されたということになります。

ようするに、タイの何処でも、自分の住んでる近所でも、麻薬関係者が、必ずいるということにもなります。

これは、怖いと言うより、困ったことですね~。

私は、TVで毎日のように報道される‘麻薬容疑者の摘発・逮捕’

のニュースで、タイでの‘麻薬蔓延’は知っていましたが、これほど酷いとは‥。驚きです。

タイは、麻薬蔓延社会というより、超・超・超麻薬蔓延社会です。

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    HIDE (木曜日, 13 9月 2012 23:58)

    >約20人に一人

    約200人に一人では?

  • #2

    NAO (金曜日, 14 9月 2012 01:21)

    HIDEさん。
    ウァー、間違えました。‘約20人に一人’でなく、‘約
    200人に一人’です。
    何せ、私、計算に弱いもんですから‥。すいません。
    ブログの方は、直しておきます。
    間違いの指摘、ありがとうございます。

  • #3

    ウドン飽きた (金曜日, 14 9月 2012 22:19)

    ウドンが、金回りが、良いのは麻薬売買が、活発だからでしょうか?

  • #4

    NAO (土曜日, 15 9月 2012 19:53)

    ウドン飽きたさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    ウドンの景気の良さは、麻薬売買とは、全然、関係ありません。
    又、タイ全体で考えても同じです。
    ‘景気’と‘麻薬’を結びつけるのは、大きな間違いだと
    思います。

  • #5

    HIDE (土曜日, 15 9月 2012 22:55)

    >超麻薬蔓延社会

    逮捕が36万人ですから、常習者をその7倍の250万人いるとします。

    すると、タイ人6700万人の「30人に1人」ということになります。

    うーん。怖いですねー。

    ウドン近郊の「覚せい剤」蔓延状況を、メンカームさんがプログに書き込んでいます。

  • #6

    NAO (日曜日, 16 9月 2012 01:58)

    HIDEさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    HIDEさんの
    〉麻薬常習者、250万人(推定)いるかも‥。

    とすると、タイの何処にでも、麻薬関係者、常習者がうろついているということになります。
    気お付けなくては‥。

  • #7

    JOSAN (金曜日, 21 9月 2012 19:49)

    タイで麻薬が蔓延するのは、警察の取締りの甘さと賄賂が横行しているからです。

    警察に麻薬で捕まっても、賄賂で直ぐ出てきます、これでは何度でも犯罪を起こすので、警察の改革が必要です。

  • #8

    NAO (金曜日, 21 9月 2012 20:25)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    タイでの麻薬蔓延は、JOSANさんの仰る通りだと思います。
    警察官自身が、押収した麻薬を横流しするくらい、タイの警察官は、腐っています。
    これじゃ、どうしようもないですね。