何と、タイ国内の7月の新車販売台数は、前年同月比80,6%増!

新車が売れている証。ウドンの街中で,しょっちゅう見かける‘赤ナンバーの新車’です。
新車が売れている証。ウドンの街中で,しょっちゅう見かける‘赤ナンバーの新車’です。

〈タイ情報〉

 

8月21日付けの“newsclip.be”誌に、驚くべきニュース記事が掲載されていました。

 

以下その記事を、転載しますね。

《タイ国内の7月の新車販売台数は、前年同月比80,6%増の

13万1646台で、単月で過去最高を記録した。

乗用車が、99、6%増の6万4430台と好調。これまでタイの自動車市場の中心だった1トンピックアップトラックは、68,1%増の5万8868台だった。

ブランド別の販売台数は、首位のトヨタが、73,1%増の4万8460台。2位のホンダが、186%増の2万508台。3位のいすゞが

39%増の1万6700台。4位の三菱自動車が、101,8%増の

1万2215台。》とありました。

 

いや~驚きましたね。単月とは言え、前年同月比の80,6%増も、クルマが売れるとは。

その要因は、‘1日最低賃金、300バーツ以上引き上げ’とか

‘初めてクルマを買う人には、10万バーツの補助金が付く’とか

‘クルマ取得税の免除’などにあると思いますが‥それにしても

すごいクルマの売れ行きですよね。

タイ経済は、絶好調?のようです。

でも、今後が、ちょっと心配ですね。

と言いますのは、タイの人々は、高価なものは、全てローンで買います。又、貯金をしない人、計画性がない人がたいへん多いんです。従って、ローン破綻する人が後を絶ちません。

ここ数年の間に、ウドンタニーの街中に、中古車ディーラーが、たいへん増えました。

もっともっと増える予感がしますね。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    moh (木曜日, 23 8月 2012 08:06)

    でも、中古車の価格ってめっちゃ高いですね。
    日本のように少子化の傾向は全くないので、分母が減ることはないですね。
    ちょっとしたバブルであることは間違いなさそうですね。

  • #2

    NAO (木曜日, 23 8月 2012 19:35)

    mohさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。タイの中古車って、本当に高いですよね。
    もしかして、ローン破綻した人が、まだ余り乗ってないクルマを中古車屋に売るようなこともあるのかも‥。

    タイは、日本ほどでもありませんが、少子化は進んでいますよ。確か、現在、1家庭・1、85人?くらいだときいたことがあります。

  • #3

    しゅん (金曜日, 24 8月 2012 01:09)

    私は、建設資材をも取り扱う会社に勤務しておりますが、BTSや地下鉄周辺の建設ラッシュが衰えない為に、フル生産が続いています。
    商業施設も、どんどんオープンし、日系企業も進出しています。
    銀行の不良債権膨らむのではないかと心配です。

  • #4

    NAO (金曜日, 24 8月 2012 02:58)

    しゅんさん。いつも、コメントありがとうございます。
    今、タイは、バブル経済、真っ只中なんでしょうか?
    クルマは、売れすぎ。土地、家屋への投機的投資。こんなことは、長くは続かないと思います。
    いずれ、バブルが弾け、銀行は、またぞろ不良債権の山(15年前と同様)になると思います。