タイは、日本人にとって、生活上のリスク(危険)が、大変多い国です。

〈タイ情報〉

 

タイは一年中、暑く、物価も安いので、住み易い国ですが、反面

、日本人にとって、大変リスクの多い国でもあります。

そのリスクの数々を挙げてみますね。

リスク1- 殺人(未遂も含めて)事件が、毎年、日本の十数倍も

       起きています(昨年で約7300件)。

       タイでは、銃規制が緩く、一般の人々でも、比較的簡    

       単に銃を持てます。

       ですから、銃による殺人事件も相当数あると思います

リスク2- 麻薬犯罪が、昨年だけで、何と約32万件ありました。

       一日、約1000件あったことになります。

       今年に入ってからも、テレビのニュースで、毎日のよう

       に、麻薬犯逮捕、摘発の報道をしています。

リスク3- 交通事故による死亡者数が、日本の約4倍(年間1万

       人以上)です。

       クルマやバイクの無謀運転(酒気帯び、居眠り運転も     

       )、交通ルール無視が大変多いです。

       又、タイの人達は、運転マナーが悪く、運転が乱暴で

       すから、事故が起き易いんです。

リスク4- ‘日本人が日本人を騙す’詐欺師が、横行しています

       その詐欺とは、国際結婚斡旋詐欺、不動産(土地、家

       )詐欺、各種投資詐欺、介護施設詐欺、起業コンサル

       タント詐欺などです。

       以上の中には、全面的に詐欺とは言えないものもあ

       りますが、数百万円から一千万円以上もぼったくられ

       たケースもありました。

リスク5- 詐欺行為ではありませんが、日本人を相手に、何ら

       かの世話をし、少額ぼったくり行為をする胡散臭い

       日本人が、バンコクをはじめ他の地方都市にも、存在

       しています。

以上が、タイでの生活上のリスクですが、日本人旅行者にとっても、タイでは、リスクが付きものです。

最近では、シンガポール人によるATMを利用したカード詐欺。

夜道でのひったくり被害。又、いかさまトランプ、睡眠薬強盗被害などがありました。

とにかく、面識もないのに親しげに寄ってくる者、ウマイ話を持ってくる者には、十分な注意が必要です。無視することですね。