タイは、やっぱり、‘ワイロ蔓延’社会です。

〈タイ情報〉

 

タイの情報サイト“newsclip.be”のニュースに依りますと、

先日、前運輸次官宅に強盗が入り、多額の現金が盗まれたそうです。

警察はこの事件で、容疑者7人を逮捕、現金1780万バーツ

(約4400万円)を押収しました。

又、奪われた現金の総額は、1億バーツ以上とみて、残る容疑者

4人の行方を追っているとのことです。

逮捕された容疑者の供述によると、前運輸次官宅には、容疑者

11人では運び出せないほどの膨大量の現金があった模様です。

 

前運輸次官は、当初、奪われたお金は500万バーツと申告。

警察が回収した額がこれを大きく上回った為、現金の出所を

取調べているそうです。

奪われたお金は、バンコク首都圏の鉄道建設に絡む不正資金ではないかとの話もあります。

 

タイ商業会議所が、2010年に実業家、政府関係者ら420人を

対象に行った調査では、「官僚、政治家にワイロを払っている」と

いう回答が、実に79.7%にも上ったんです。

 

タイは、やっぱり、凄まじいばかりの‘ワイロ蔓延’社会ですね。