タイの地名(都市・地区)には、‘ナコン~’‘~ブリ’というのが、たいへん多いです。

〈その他〉

 

今回のタイ大洪水被災地のニュースの中で、タイの県名や地区名が、よく出てきています。

私も、以前から、そう思っていましたが、タイの県名(都市名)・

地区名には、‘ナコン~’とか‘~ブリ’がたいへん多いんです。

調べてみましたが、‘ナコン’‘ブリ’は、タイ語で「都」・「都市」と言う意味だそうです。

日本の諺に「住めば都」というのがありますが、昔のタイ人も、

自分達の住んでる所が一番という訳で、地名の中に‘ナコン’とか‘ブリ’を入れ込んだのではないでしょうか。

因みに、‘ナコン’‘ブリ’の付いた都市・地区名を列挙してみます。

 

〈ナコン〉

ナコンパトム、ナコンパノム、ナコンナーヨック、ナコンラチャシマ、

ナコンシータマラート、アマタナコン、ナワナコン、ナコンサワン、

サコンナコン 等。

〈ブリ〉

シンブリ、チョンブリ、ロッブリ、サラブリ、スパンブリ、ミンブリ、

カンチャナブリ、トンブリ、ノンタブリ、ラチャブリ、チャンタブリ、

プラチンブリ、ブリラム 等

 

この他にもあるかも知れませんが、私の知っているのは、以上

です。

日本では、タイの首都を“バンコク”と呼びますが、タイ語名では、

“クルンテープ”と言います。

正式には“クルンテープ マハーナコン”(バンコク都)です。

ここでも、しっかり‘ナコン’の言葉が入っています。