イサーンの‘犬’は、ヒサーンです。

〈その他〉

 

バンコクでの‘犬’事情は、判りませんが、ここウドンタニーには、

相変わらず、飼い犬や野良犬が、街中・住宅街に、たくさんいます。

近頃は、犬をペットとして飼うタイ家庭も増えてきましたが、

まだまだ、昔からの習慣で、犬を‘放し飼い’にしている家庭が、

少なくありません。

我が家の周りでも、犬を飼ってる家が、たくさんあります。

殆ど、鎖で繋いで飼うのでなく、放し飼いです。

どういう訳か、この犬達、やせ細っていて、汚く、みすぼらしいのが

大半です。

その犬達(野良犬も)が、ソイの此処かしこに、屯したり、寝転ん

だりしているんです。中には、吠え付いてくる犬もいて、怖いです。

 

先月8月の半ばに、悲惨な‘犬’の密輸事件がありました。

タイ東北部・ナコンパノムの‘犬密輸業者’が、野良犬や飼い犬

1800頭余りを、ベトナム等に輸出しようとしたところを当局に

見つかり、密輸容疑で、業者3名が逮捕されました。

密輸されそうになった犬達は、小さなオリにギュウ詰めにされ、

トラックで運ばれて行く途中で、助けられたそうです。

助けられた後日、ギュウ詰めにされたストレスからか、空腹かで、

1800頭の中、約300頭余りが、死んだそうです。

何とも、悲惨な事件でした。

犬達の中には、首輪を着けた飼い犬も、相当数いたそうです。

この事件は、タイの‘犬の放し飼い’の習慣が、招いた結果とも

言えるんではないでしょうか。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ☆☆ひでき (金曜日, 16 9月 2011 22:46)

    犬の放し飼い、困ったことですね。

    野良犬もいるし・・・。

    今「恋の季節」なので、我が家の「娘犬2匹」に会いにオス犬
    が集まってきます。追い払うのに一苦労です。

  • #2

    NAO (土曜日, 17 9月 2011 02:04)

    ☆☆ひできさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    そうなんですよね。犬の「恋の季節」になると、以前、我が家の周りでも、夜、飼い犬、野良犬が10頭くらい屯し、遠吠えのような嬌声を叫び合っていました。
    もう、煩くって、眠れないこともありました。