タイ国鉄の電車は、オンボロ、ガタガタ列車ばかりです。

ウドンタニー駅に入線して来る長距離列車です。昔の日本の風景みたいですね。
ウドンタニー駅に入線して来る長距離列車です。昔の日本の風景みたいですね。

〈タイ情報〉

 

タイの主な長距離鉄道路線は、4路線です。

それは、北線(バンコク‐チェンマイ)、東北線(バンコク‐ノーンカイ)、

東線(バンコク‐バターワース)、南線(バンコク‐アランヤプラテート)

の4路線です。(全線、単線です。)

旅客運賃は、東北線の‘バンコク・ウドンタニー間’を例にとると、

《特急1等・エアコン、寝台》が、1277バーツ(約3500円)。

《特急2等・寝台》が、599バーツ(約1700円)。

《特急3等》が、205バーツ(約550円)。といったところです。

 

私は、2度ほど、バンコクまでの東北線を利用したことがありますが

その電車のオンボロさに、初めはビックリしました。

聞いたところに依ると、タイ国鉄の全車両は、日本をはじめとする

海外諸国からの‘中古・払い下げ’だそうです。

おまけに、レール整備が余りなされていないせいか、走ってると

ガタガタ、ユッサユサと大きく揺れる有様です。

乗っていても、その騒音と揺れで、私は、全然、眠れません。 

電車は、ディーゼル車ということも合いまって、スピードも、余り、

出ません。

ですから、(単線ということもあって)ウドンタニーからバンコクまで

は、特急にも拘わらず、10時間半も掛かってしまうんです。

 

以上のような‘タイ鉄道’の現状から、タイの人々の間でも、

‘タイ鉄道’の利用は多くなく、彼らの都市から都市への長距離

移動(旅行)は、もっぱら‘長距離バス’を利用しています。

私も、タイの電車は、もうゴメンです。

この列車は、新しく‘払い下げ’された車両のようです。今までに無く綺麗ですよね。
この列車は、新しく‘払い下げ’された車両のようです。今までに無く綺麗ですよね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    NITTAYO (木曜日, 14 7月 2011 12:15)

    naoさん、

    ブログ更新ご苦労様です。
    先日は帰国直前につき急に呼び立てして申し訳ありませんでした。

    時間に余裕のある時は1等寝台を利用しております、何せ1等客車と貨物車の接続部でタバコが吸えるのです、ランポーン駅で観掛けた「寝台特急さくら」には何故かシャッターを切っておりました。
    長期滞在が可能になったらバンコク~パタヤまで列車移動もしたい鉄ちゃんです。

  • #2

    NAO (木曜日, 14 7月 2011 21:31)

    NITTAYOさん。コメントありがとうございます。
    そうですか。“寝台特急さくら”が、タイに来てるんですか。
    この列車なら、私でも、多少、寝ることが出来るかも知れませんね。
    でも、ウドン~バンコクは、10時間半。ウ~ン、無理かなー。