タイ人の色彩感覚は、素晴らしい?

〈タイ人の風俗・習慣〉

 

タイ人の物に対する色彩感覚は、日本人(都会人)のそれとは、

大分、違います。

一年前、私は、東京に行った時に、街を歩いている人達、電車に

乗ってる人達の服装を見ていたら、男女共、殆どの人達が、

黒・白・灰色・ベージュといった地味な色の服を身に着けていました。不景気と閉塞感に満ちた世相の反映なんでしょうかねえ。

 

一方、タイの街中を見ていると、カラフルで派手な服装の人が、

殆どです。

赤・ピンク・黄・明るいグリーン・紫色・オレンジ色などの服を、男女の区別無く、自由にコーディネートして、着こなしています。

これは、やっぱり、開放的な暑いお国柄のせいなんでしょうかね。

 

又、ファッションに限らず、タイ人の物に対する色の使い方には、

驚かせられることが、よくあります。

外壁を、グリーン、オレンジ色(又は黄色)、紫色の3色で塗り分けた家。

明るいグリーンのビル。まっ黄色なビル。どピンク色のビル。

クルマの色もスゴイのがあります。

蛍光ピンクのタクシー(バンコク)。ま赤っかのタクシー(バンコク)。

ウドンタニーで見かけた、蛍光グリーンのクルマ等など。

 

日本人には、ワビ・サビの文化があり、又、質素・倹約の習慣が

あるとは言え、もうちょっと色の使い方を考えても良いんじゃない

かと、つくずく思います。

 

カラフルな、ウドンタニーのメータータクシー。驚くほどの色合いでは、ありませんね。
カラフルな、ウドンタニーのメータータクシー。驚くほどの色合いでは、ありませんね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    NITTAYO (木曜日, 02 6月 2011 02:26)

    NAOさん
    ブログ更新ご苦労様です。
    最近はタイで着るシャツは赤色と黄色は避けております。
    タイ人同士の殴り合いに巻き込まれたくないので!
    友人が呉れたノースカロライナ消防署の赤シャツがカッコいいのに着れません。
    月末にはバンコクまでちょとお邪魔致します、週間誌をSさん宛でまた送ります。

  • #2

    NAO (木曜日, 02 6月 2011 21:16)

    NITTAYOさん。コメントありがとうございます。
    そうですよね。赤シャツと黄シャツは、着れないですよね。
    でも、タイ人て本当にカラフルなユニフォームが好きですよね。
    国王陛下のお見舞いに、シリラート病院に来る人々は、
    その団体それぞれ、赤・ピンク・緑・青等、お揃いのシャツを着ています。
    勿論、普通の公務員、警察署員、軍隊職員も、全員ユニフォーム姿です。