タイの人々は、計画を立てたりするのが、苦手。

〈その他〉

 

私は、タイ人は、計画を立てるのが、もの凄く苦手だと、よく感じます。

同時に、大へん飽きっぽい性格の人が多いとも感じます。

 

これは、市場で店を開いている人、食堂などをやってる人を見ていると、よく分ります。

計画性も無く、イージーに店を開き、モノの売れ行きが悪いと、それこそ一月もしない内に、店を閉めてしまいます。

店を長くやっていく人は、勿論、いますが、大変少ないのでは‥。

大きな店舗でも、いつの間にか、無くなってるのを見かけることも、よく

あります。

又、タイの人々の多くは、‘貯金をする ’という考えを、余り、持っていません。

‘お金を貯めて、自分が欲しい高価な物を買う’という計画性が、著しく

欠けているんでは、ないでしょうか。

持ってるお金は、直ぐ使ってしまいます。

 

ウチのカミさんも、上記のような人達に比べれば、少しはマシですが、

買い物に出掛けたり、旅行に行ったりした時に、その無計画性と、飽きっぽい性格が、よく分ります。

例えば、私の用事(銀行などへ行く)でカミさんと一緒に外出すると、私の用事は、なかなか実行されず、いろいろなお店などを駆け巡っ末、最後にそこへたどり着く始末。

「私の用事は、どうしたの?忘れちゃったの?」と、私は、気がきではありません。 イライラするのがシバシバです。

また、旅行へ行くのでも、行き先が、しょっちゅう変わり、「いったい何処へ行くの?」ということが、よくあるんです。

困っちゃいますよね~。

それに、口癖のように「ナーブア チンチン(本当に飽きる)」、とか「ブア レーオ(飽きた)」とかの連発です。この言葉は、友人・知人とかを指しても使うので、ちょっとどうかと思いますね。