【 諸ビザ取得手続き情報 】

  ・下記に載せた情報は、過去、私自身が、諸ビザ取得をしてき

   た経験 、得た情報です。

   ですから、現在は、多少、変更されている部分があるかも知

   れません。タイビザ取得を考えている方は、念の為、ビザ発

   給当局(タイ各地の入国管理事務所)への確認をしてくださ

   い。 

  ・以前、タイ国内で、ノンビザ、ツーリストビザから

   ノンイミグラントビ (年金ビザ、リタイアメントビザ、

   家族ビ等)への変更・切り 替えは、原則的に出来ませんで

   した。

   しかし、現在は、タイのビザ手続きルールが変わり、タイ国で

   ノンビザ、ツーリストビザからでも、ビザ変更が出来るように

   なったようです。

  ・タイ各地にある入国管理事務所では、諸ビザ発給のルール

   がまちまちで、一定のルールがありません。

   ですから、諸ビザ取得の際には、必ず、その地域管轄の

   入国管理事務所に、必要書類などの事前確認を、お願い

   します。

     

 諸ビザ取得手続き

  ・下記のビザ申請は、申請人がお住まいになってる地区にあ

   るタイ入国管理事務所に、提出して下さい。

   入国管理事務所が、その地区にない場合は、その地区を管

   理下に置いてる入国管理事務所で、ビザ取得手続きをして

   ください。

 

  ◇ 年金ビザ取得に必要な書類 (タイ滞在許可期間ー1年)

    1、ビザ取得申請書(1部)

    2、本人の顔写真(指定サイズのもの、1枚)

    3、パスポート(コピー1部)

    4、年金証書(年間の年金収入が、タイバーツで80万B以

      上のもの―コピー)

    5、在タイ日本領事館発給の年金証書の翻訳証明書(コピ

      -、2部)

      ※ 翻訳証明書(英訳)は、日本領事館が英訳文で作

        成してくれます。発給手数料は、750バーツです。

    6、タイ銀行預金証明書(預金通帳も)ー申請日当日のもの

    7、申請者本人、又は、配偶者(タイ人 )のタビアンバーン

                   (無くても可)

    8、申請者の自宅(アパート)の地図

     (アパートにお住まいの方は、管理人の証明暑が必要)

     9、ビザ発給手数料は、1900バーツです。

          ※ 年間の年金収入が80万バーツ未満の方は、タイの銀

      行に、不足の金額に見合った預金があれば、その預金

      額との合算で、ビザ申請ができます。 

 

◆ リタイアメントビザ(50歳以上)取得に必要な書類

                  (タイ滞在許可期間-1年)

    1、ビザ取得申請書(2部)

    2、本人の顔写真(指定サイズのもの、2枚)

    3、パスポート(コピー2部)

    4、タイ銀行の預金通帳

      ・預金額が、80万バーツ以上、必要。

       しかも、ビザ申請前、3ヶ月以上預金が保留されてる

       必要があります。

    5、タイ銀行の預金証明書 (申請日当日のもの)

      ・銀行に、直接行って貰って下さい。

    6、申請者本人、又は、タイ人配偶者のタビアンバーン 

     (アパート・賃貸住宅にお住まいの方は、管理人の証明書が

      必要です)

    7、自宅(アパート)周辺の地図

    8、ビザ発給手数料は、1900バーツです。

 

  ◇ 家族ビザ取得に必要な書類 (タイ滞在許可期間-1年)

    1、ビザ取得申請書(2部)

    2、本人の顔写真(指定サイズのもの、2枚)

    3、パスポート(コピー2部)

    4、タイでの婚姻証明書(コピー2部)

    5、タイ銀行の預金通帳(預金額、40万バーツ以上必要)

      ・ビザ申請前、3ヶ月以上 の預金保留が、必要です。

    6、タイ銀行発行の預金残高証明書 (申請日当日のもの)

    7、日本の戸籍謄本(タイ語訳文、タイ外務省の承認印は

     要りません。)

    8、本人、妻、(あれば)子供の住居登録証(タビアンバー

      ンーアパート、賃貸住宅にお住まいの方は、アパート管

      理人の証明書が必要です)

      ・本人の住居登録証は、無くてもOKです。 

    9、自宅周辺の地図

      ・自筆で作成してください。

    10、自宅にいる家族の写真(5~7枚)

      ・自宅門前、各部屋等にての家族全員写真です。

    11、タイ人の保証人(1名)

      ・信用のおける、近所で親しくしている人(第三者)ならOK

      です。

      (地区村長、公務員がベストです)

   

    13、ビザ発給手数料は、1900バーツです。

    

    ※ 尚、この家族ビザは、申請一ヶ月後に承認、ビザ発給

      されますので、取得は、一ヶ月後になります

  ◇ ツーリストビザ取得に必要な書類

   (在京タイ大使館に申請する場合)

   ・昨年(2015年)、ツーリストビザ取得要件が大幅に変わりまし

             た。

    ビザはシングルビザとマルチビザの2種類。

    シングルビザ取得できるのは、年2回(1回の滞在期限は90日

    。ビザ申請料は4500円)です。連続取得できるかは不明。

    マルチビザ(滞在期限1年、ビザ申請料は22000円)取得は、

    ビザ取得要件が、たいへん厳しくなりましたので、実質、取得不

    可能と思われます。

   

    ビザ取得要件も大幅に変わり、厳しくなりました。

   必要書類は、

   1、パスポート(有効期限6ヶ月以上のもの)。

   2、ビザ申請書。

   3、写真2枚(カラー、3,5×4,5cm)。

   4、航空券、もしくは、予約確認書のコピー。

   5、・会社員の方は、在職証明書及び休職証明書。

     ・自営業の方は、会社の登記簿謄本、職業の証明が

      できるもの、預金の残高証明書(銀行通帳)。

     ・定年退職者は、預金の残高証明書(銀行通帳)、

      又は、年金証書。

   6、旅行スケジュール表(英文)s

   7、申請料-シングルは、

    以上のように在京のタイ大使館での観光ビザ取得は、かなり

    厳しい内容です。

 

 

 ◇ ツーリストビザ取得に必要な書類②

    (在ラオス・ビエンチャンのタイ大使館に申請する場合)

 

    ※ タイツーリストビザ取得も、大幅変更になりました。

     観光ビザは、シングルビザ(滞在日数1回90日、年2回まで

     )と滞在期限1年のマルチビザの2種類。

     但し、マルチビザは、取得対象者がラオス人の為、日本人

     は、取得不可能と思われます。

     

    その方法は

    A、ノンビザで、タイに入国する。

    B、入国30日以内に、お隣の国、ラオスに出国する。

     (但し、タイ国内で滞在延長30日は可能です。)

    C、ラオス・ビエンチャンにある、タイ大使館で、ツーリスト

      ビザを申請し取得する。(取得日は、申請の翌日)

  (必要書類)

    1、パスポート(原本とコピー)

    2、ビザ取得申請書(タイ大使館にあります。)

    3、写真2枚(指定サイズ、4cm×6cm)

    4、ビザ取得手数料-シングル(滞在期限は、60日)は、

                 1000バーツ。

                 

      ※ ビザの申請受付は、平日の午前中。受け取りは、

        翌日の午後になります。

    

       

     

 ◎ 本ホームページ宛のEmail は、

      udonnao2012@hotmail.com まで、お願いします。